ダウン症で生まれる赤ちゃんの数が過去15年間で約2倍に増えているとする推計が、
日本産婦人科医会の全国調査の分析をもとにまとまっています。
高齢妊娠の増加に伴い、ダウン症の子を妊娠する人が増えていることが背景にあるということです。

同医会が全国約330病院を対象に毎年実施している調査結果を、
横浜市立大学国際先天異常モニタリングセンターが分析しました。

ダウン症で生まれた赤ちゃんの報告数は 1995年が1万人あたり6・3人で、
2011年は13・6人と倍増していたとのことです。

また、ダウン症を理由に中絶をしたとみられる数も推計。
95~99年の中絶数を基準とすると、05~09年は1・9倍に増えていたといいます。

妊娠を継続していれば生まれていたとされるダウン症の赤ちゃんの数の推計では、
11年は1万人あたり21・8人だった。調査では実数を出していないが、
11年の人口動態統計の出生数に当てはめると、
ダウン症の赤ちゃんは約2300人生まれるはずだったが、
実際に生まれたのは約1500人となります。
差の約800人の一部が中絶されたとみられるようです。

また朝日デジタル新聞によると、2013年は出生前診断で
1万人あたり104人と8倍に急増しています。

朝日新聞デジタル

原因は染色体異常であり、タバコや薬品ではなく 高齢出産が大きな要因であると言われていますが、
一方では放射線による影響もあるとの報告もあります。

チェルノブイリ事故による遺伝影響についての長期的研究

シリカ(二酸化珪素)には多孔質で吸着作用があり、
重金属などに対してデトックス作用があります。

もみ殻由来の植物性「からだ天国」は最適です。

将来のお父さんお母さんは、妊娠する前に、
これまでの生活で蓄積してきた、不要物をしっかり排出して、
クリーンな状態で妊娠し、胎児に快適な環境を提供してほしいと願います。