水道水をそのまま飲むとやっぱりカルキ臭く、身体への影響も気になるので、これまでも蛇口に浄水器を取り付けたりスーパーで水を買ったりして対応していました。

いろいろ調べてみると煮沸するという方法もあったのですが、十分に煮沸しないとトリハロメタンは逆に増加するという記述もあったので、減少はするが、増加することは無い方法を今回選択してみました。

まず、焼酎が入った4ℓルボトル。飲みきるには相当時間がかかるので中身は別のボトルに移し替えました(笑)

外に置くので虫やゴミが入ってこないようにダイソーにあったスノコを下に敷き、茶こしを蓋にします。下の写真の商品が丁度良い大きさでしたね。

ボトルに入れる水の量は効率よくカルキが抜けるよう、空気との表面積を保つためにボトルが先細りする直前で止めて置きました。

太陽光が差し込む場所に朝から置いて夕方回収します。水道水と飲み比べると主観ですが殆どカルキ臭は気にならないくらいにまでなってました。浄水器の水と飲み比べるとどっちが分からないですね。なんとなく太陽のエネルギーをもらっている気分になります。

一日で約3.5ℓの水が作れるのですが、米を炊いたりお茶を作ったりすると足りない時があります。もう一つ作ろうか検討中です。

私はここからもうひと手間加えているのですが、また後日書きますね。