wakasa2014.4 1wakasa2014.4_page_2

かゆみを防ぐには肌の強化栄養を補えば効果が高まり、第一は皮膚の再生を促すビタミン「ビオチン」

【アトピーや掌蹠膿疱賞症の治療で注目の栄養素】
手足のかゆみを招く原因は、肌の乾燥だけにとどまりません。みなさんもよくご存じのアトピー性皮膚炎(以下アトピー)や、難治とされる掌蹠膿疱症も、手足に猛烈なかゆみをもたらします。
近年、このような肌の強いかゆみや湿疹に襲われるひとに不足が疑われ、補給が必要な栄養素として注目されているのが「ビオチン(ビタミンHとも呼ばれる)」です。

ビオチンは、ビタミンB群の一種で、糖や脂肪、タンパク質の代謝に関わっています。ちなみに、ビオチンの別称のビタミンHは、ドイツ語で皮膚を意味する「Haut」の頭文字を取って命名されたほど、肌の健康状態と関係が深いのです。

ビオチン補給の効用として注目されているのが、アトピーの悪化を抑えることです。
アトピーの多くは、アレルゲンの侵入に体が過敏に反応し、ヒスタミンというかゆみ物質が過剰に分泌されることで発症します。ビオチンには、ヒスタミンのもとであるヒスジンの体外排出を促して、かゆみを抑える効果が認められているのです。

また、掌蹠膿疱症を引き起こす大きな原因として、ビオチンの不足が疑われています。秋田県の本荘第一病院の前橋賢医師が掌蹠膿疱症の治療でビオチンの内服を患者さんにすすめ、症状の大幅な改善に役立てていることは、皮膚科の間でも非常に注目されています。

このようにビオチンを補えば、強烈なかゆみや湿疹のみならず、アトピーや掌蹠膿疱症の克服にさえ役立つと考えられるのです。