健康に関することをメインとしたブログです。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 2014年3月

2014年3月

月刊誌「Beauty&ECOone(ビューティー&エコワン)」 NO.1

【ケイ素はどこにある?】 珪素・・・元素記号:SI 日本ではまだ馴染みの薄い成分ですが、もともと人間の体に存在している必須ミネラルで、体に必要な約60種の栄養素の1つです。体内には18g程度とかなり多い保有量があり、内臓 …

「ラクテンチ」と「うみたまご」

先日、2泊3日で大分の別府市に遊びに行ってきました☆ 少しレトロな感じの遊園地「ラクテンチ」と水族館の「うみたまご」メインでしたが、4歳の小さな子供には良い刺激となったでしょう!   イルカショー見応えありまし …

「わかさ」 2014年4月号

かゆみを防ぐには肌の強化栄養を補えば効果が高まり、第一は皮膚の再生を促すビタミン「ビオチン」 【アトピーや掌蹠膿疱賞症の治療で注目の栄養素】 手足のかゆみを招く原因は、肌の乾燥だけにとどまりません。みなさんもよくご存じの …

ブロガーズミーティング

私自身3度目となるブロガーズミーティングに参加しました☆ この企画は今回で終了ということでちょっと残念(^_^;) 今回の趣旨は日南市飫肥の観光活性化のため、城下にあるお店を食べ歩きしながら調査するというもの。 食べなが …

歯科医師による水溶性珪素ウモの使用例 NO.3

≪パーキンソン病≫ 実施意義:患者の手や首が不規則に震振する症状を緩和し、歯科治療をしやすくするため。 症例数:2人(男性と女性) 方法:珪素希釈液(ウモプラス)服用 30滴/水1杯で希釈、1日3回飲用 効果観察:1ヶ月 …

歯科医師による水溶性珪素ウモの使用例 NO.2

≪口角炎≫ ・症例数 40名 ・珪素(ウモ)の原液を指に垂らして、直接幹部に塗布する。 一日数回(塗布する時、ヒリヒリ感がある)。 効果観察:ほぼ全員が、数日で症状緩和または治癒 ≪皮膚炎≫ ■アトピー性皮膚炎 ・症例数 …

歯科医師による水溶性珪素ウモの使用例 NO.1

≪口内炎≫ 32人の方に10%の珪素(ウモ)水溶液で毎日数回うがいをしてもらった所、ほぼ全員が、数日で、症状緩和または完治されています。 また歯科特有の矯正装置による口内炎に関して、痛みが強く、嚥下も飲食もできない重度の …

「わかさ」 2014年4月号

アトピーが原因のひじや足のすねの強烈なかゆみが、水晶エキスを三ヶ月使ったらほぼ解消 【全身のかゆみに襲われかき傷だらけになった】 私は、子供の頃からアトピー性皮膚炎(以下アトピー)に悩まされ続けてきました。その強烈なかゆ …

桃の節句

昨日は両家が集まって、眞子ちゃんの節句を祝いました(^.^) 雛飾りは義理の両親から頂きました。30年くらい前のものらしいけど、 まだまだ現役で使えそう☆

Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.